カレッジブログ

平成29年度 接遇研修

更新日:2017年04月06日

平成29年4月3日(月)、4日(火)の2日間にわたり、松樹学園の伝統行事でもある
接遇研修 を信州介護福祉専門学校の新入生と合同で行いました

この研修の目的は、将来、知識・技術だけではなく人とかかわる為に必要な態度能力を身につけることにより、
人間的成長をし現場で活躍するための接遇を身につけることです。
まだ慣れない服装、慣れない仲間とともに、本校が開校当初より大切にしている接遇について、
たくさん考え、体験しながら、「相手に対し思いやりを持って行動する」ということを学びました

IMG_5281.JPG IMG_5326.JPG

接遇スキル演習「こんなときどうする?」では具体的に場面を設定し、
どうすれば心のこもった対応ができるのかグループで検討し、実際にロールプレイをしながら学びます
IMG_5434.JPG IMG_5455.JPG

2日目には医療法人社団 敬仁会 理事 小松裕子先生を講師としてお招きし
「接遇の心」についてお話し頂きました。
IMG_5192.JPG

研修最後の課題は、「自分が患者や利用者であればどんな職員に援助されたいか?」をテーマに
グループ間で意見を出し合い、模造紙にまとめ全員の前で発表しました
どのグループもこの2日間で学習した「接遇」の成果が表れた発表となりました
IMG_5229.JPG IMG_5267.JPG

2日間の研修でしたが、接遇について学び、考える有意義な時間を過ごすことができました。
この研修を礎にし、これからの学校生活の中でさらに自分自身を磨き、接遇の心を持った理学療法士を目指しましょう

新入生の皆さん、2日間お疲れ様でした

PAGE TOP